ケミカルピーリングでニキビ跡を治す方法

ケミカルピーリングは、薬剤を使ってニキビ跡を治療していく方法です。弱い酸を使って皮膚の表面を整えていく方法なので、くり返し施術をする必要があります。ケミカルピーリングは皮膚科でも治療できる方法なので、美容外科に行きたくないという方におすすめです。また、薬剤の作用によって肌も若返るので、アンチエイジングに興味のある方にもおすすめの治療法です。肌に負担をかけずにニキビ跡を治していきたいという方は、ケミカルピーリングを選んでみてはいかがでしょうか。

ダーマローラーを使ってニキビ跡を治す方法

薬剤は使わずにニキビ跡を治したいという場合は、ダーマローラーを検討してみてはいかがでしょうか。ダーマローラーは細い針が沢山ついたローラーで、肌表面を傷つけていく治療法です。肌に小さな傷が出来ますが、この傷が治る過程で肌の凹凸が薄くなっていきます。効果の強さは針の長さによって異なり、針が長いほど効果が強いと言われています。この方法も何度か施術を繰り返す必要があるので、根気よく続けていきましょう。

フラクショナルレーザーでニキビ跡を治す方法

フラクショナルレーザーによるニキビ跡の治療法は、肌への負担が大きい反面、効果が強いと言われています。炭酸ガスで人工的に肌に微細な穴をあけていき、徐々に肌を滑らかにしていく治療法です。レーザーの出力を大きくする事で効果を強くすることが出来ますが、痛みが強くなったり、肌の回復が遅れたりなどリスクを伴います。フラクショナルレーザーは美容外科を始めとした医療機関で行えますので、興味がある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ニキビ跡が治らない場合には、美容クリニックで治療することが可能です。角質を溶かしてターンオーバーを正常化するケミカルピーリング、薬剤を皮膚に浸透させるイオン導入などの治療が行えます。