ニキビの跡ができるのはどうして?

ニキビができたら誰もが早く治そうとして、洗顔をいつもより丁寧にしてみたり、保湿ケアを重点的に行います。軽度の状態なら綺麗に治るものの、症状が進行していると治ったとしても残念ながら跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡にも種類があり、でこぼこした凹みや陥没、クレーター状態になっている場合と、赤みや色素沈着になるケースに分かれます。凹みや陥没の跡になってしまうのは、ニキビが悪化してしまい真皮や皮下組織の下のコラーゲンも破壊されて変形してしまうからです。赤みや色素沈着は、悪化してしまった時に毛細血管やメラニンを作る細胞が壊されてしまって発生します。できてしまったニキビ跡の対処も早めに行うことで、状態を良くしていくことができます。

どんな治療をしていくの?

ニキビ跡というのは全て同じに思えるかもしれませんが、治療の際は自分の跡の状態に合わせて行うのが効果的です。凹みや陥没の場合は皮膚の奥の真皮までダメージを受けているので、自宅のお手入れで治すのはかなり大変です。美容皮膚科などを利用して、レーザーやピーリングと言った対処をして行くのがおすすめです。色素沈着や赤みの場合は、肌のターンオーバーを促していくことで時間経過により薄くなっていくのですが、もっと早く綺麗にしてしまいたいのであれば、その場合も美容皮膚科でのニキビ治療を選ぶことになります。レーザー等を使っての治療となりますので、カウンセリングを利用して料金プランや施術内容に納得できてから跡を綺麗にしていきます。

ニキビを治す一番の近道は肌に触れないことです。髪が触れることもよくないので髪を縛るなどの対策が必要です