毛深い人とそうでない人がいるのはなぜ?

毛深くなる原因は、主に2つあります。一つは「遺伝」で、両親や祖父母、あるいは更にさかのぼった先祖の体毛が濃かった場合、それを受け継いで毛深くなってしまうそうです。遺伝は先天的なものであり、自分の力ではどうにもなりません。もう一つは後天的な要因で、普段の生活を見直すことで改善できるものです。「ホルモンバランスの乱れ」と「外部からの刺激」があり、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増えると、毛深くなりやすいです。また、外部から強い刺激を受け続けると、体を守るために毛深くなることもあります。例えば、間違った毛の剃り方をしていたり、毛抜きで無理に脱毛したり、肌に負担のかかる自己処理を繰り返すのはよくありません。

身近なことから美肌を目指す方法とは?

まずは、ホルモンバランスの乱れを解消することが先決です。ホルモンバランスの乱れを引き起こす主な原因は、食事・生活習慣の乱れとストレスです。栄養が不足していたり、肉類や乳製品を摂取し過ぎていたりすると、男性ホルモンが増加します。ホルモンバランスを整えるために摂取したいのは、大豆製品に多く含まれる「大豆イソフラボン」です。大豆イソフラボンには、肌ツヤを良くしたり、自律神経を安定させたりする働きがあります。また、質の高い睡眠をとり、適度に運動も行って、健康的な生活習慣も身につけましょう。慢性的なストレスは、ホルモンバランスだけでなく、心身にも悪影響を及ぼしますので、自分なりのストレス解消法を編み出すことも大切です。

VIOの脱毛のメリットとしては、汗による蒸れや生理時の不快感が解消される、抜いたり剃ったりなどのセルフによる自己処理から解放される、デリケートゾーンを衛生的に保つことが出来るようになるなどがあります。