「眠れない」の種類と不眠症

「夜眠れない」と困っている方はいませんか。寝つきが悪い(入眠困難)、途中で目が覚める(中途覚醒)、朝早く起きてしまう(早朝覚醒)、などと「眠れない」にはいろいろな種類があります。「眠れない」という睡眠障害に加え、そのために「日中がきつい」という生活障害の二つがそろって「不眠症」と言います。不眠症は年齢とともに有病率が上がり、睡眠薬の服用率も上昇します。高齢者の睡眠障害のパターンは中途覚醒や早朝覚醒が多いと言われています。

一時的な不眠には「Lーセリン」

睡眠は、心と体をメンテナンスする大切な時間です。しかし入眠困難な方、ストレスによる一時的な不眠や不規則な生活から十分に睡眠がとれない方など、いらっしゃるのではないでしょうか。そのような方には、質の良い睡眠を促す「Lーセリン」が含まれている睡眠サプリをおすすめします。「Lーセリン」とは、大豆やチーズなどにも含まれているアミノ酸の一種です。睡眠の質の向上(寝つきの改善、熟眠感の改善、起床時の満足感)に役立ちます。おやすみ前に服用すれば、心地よい睡眠へ促してくれます。

中高年の睡眠の悩みには「GABA」がおすすめ

中途覚醒や早朝覚醒など、年齢を重ねるにつれて浅くなりがちな中高年の睡眠の悩みには、「GABA」が効果的です。「GABA」は、健康な方の一時的な精神的ストレスの緩和や、高めの血圧を下げるために役立つ成分として知られています。リラックスに働きかける「GABA」、睡眠に良いとされているハーブのバレリアン、バランス維持に役立つビタミンB郡など、いろいろな成分が含まれている睡眠サプリをおすすめします。

睡眠サプリとは、快眠に効果的な成分を含んだサプリメントのことです。睡眠薬のような即効性はなく、快眠しやすい体質に改善するために飲み続ける必要があります。