ITの職種にはどんなものがある?

IT系といっても、そこは企業ですので、営業や総務といった職種もあります。が、ここでは王道の技術職に絞ってご紹介します。

まずは、プログラマー。文字通りプログラムを作る人です。指定の仕様通りのものを、納期に間に合うように仕上げる職人さんのような人たちですね。年齢層は若めです。

システムエンジニアというと、少しかっこいい響きがありますが、プログラムも作ります。ですが、その設計部分を担ったりと、守備範囲が広くなったイメージでしょうか。

業界未経験者におすすめの職種

まずはプログラマーとしての就職がスタートラインになるでしょう。資格よりも経験が重視されることが多い世界ですので、未経験の人は、面接時に自分で作ったプログラムを見せるとアピールできるかもしれません。まずは、プログラマーとして一人前になることを目指しましょう。

経験値アップ!さあ転職だ

プログラマーとして経験を積んだら、少し上流工程の仕事も可能です。プロジェクトの主な役割を担えるようになれば、システムエンジニアと名乗れるでしょう。もし、スキルアップ後にそういった職種が用意されていない会社であれば、転職を考えてもよいと思います。

ブラック企業にありがちな求人とは

残念ながら、IT系にもブラック企業は存在します。ですので、転職はあせらずに、しっかりと会社を見極めることが重要です。

求人情報に、残業や福利厚生について詳しく明記されているところは、危険度が低いとみていいかもしれません。残業が付き物の仕事ですので、時間外労働については、しっかり確認すべきです。

一番信頼できるのは、その会社で働いている人からの情報ですので、知り合いの伝手やネットを使ってリサーチしてみることをおすすめします。

ITの求人は現代において非常に活発に行われています。システムエンジニアやプログラマーなどがその一例です。